お手元の金製品を買い取ってもらうに

金プラチナの買取り

金プラチナの買取り

TOP PAGE >お手元の金製品を買い取ってもらうに

□お手元の金製品を買い取ってもらうに

お手元の金製品を買い取ってもらうにあたり必ず気にしなければならない点としては、金の相場をちゃんと知っておくことです。できるだけ高い価格で買い取ってもらえるよう、刻一刻と変わる相場を慎重に確認し、いつ買取に出すかを決めましょう。店が買い取る額は、申込の時の相場によって決まることがほとんどです。上手く相場の波に乗り、なるべく高値で買い取ってもらいましょう。世界的な金融危機を呼んだリーマンショックの後、今までの間に、少しずつとはいえ、金を買取に出す際の買取価格が高くなってきました。近頃はそれに加えて、ユーロに加盟していたギリシャが経済破綻を起こし、預金の引き出しにストップが掛けられました。こうした事態もまた、市場での金の価格が上がる切っ掛けだったと考えられます。金のネックレスやブレスレットといった装飾品、あるいは指輪など、何年も使っていない貴金属製品を自宅に置いたままにしておくのはいかにもムダでしょう。使わない貴金属の処分に困ったときは、貴金属買取のお店に売却することをお勧めします。一例として金の買取の場合を考えてみます。最も高価な24金(純金)の場合、現在は1グラム4800円程で買えますので、買取となればそれより若干安くはなるものの、多くの人が想像しているよりは十分高い額で売却できる可能性が高いです。不況の影響か、金買取の相場が次第に上がってきているので、金買取を利用して小金を得る方もいるでしょう。金を売ったら、例外も多いですが、基本的には確定申告をしておかなければ後々面倒なことになります。売却の利益、つまり買取価格から購入時の価格や諸費用を引いた額は、事業でなければ「譲渡所得」として計上されますが、50万円の控除枠があるので、所得のうち50万円までは非課税です。金を売却した利益が、他の譲渡所得と合わせても50万円以内なら、実質的には税金は課されないということです。一口に投資といっても対象は色々あります。典型的なものが金(ゴールド)ですね。値段が崩れないのが金の魅力です。国際関係に左右される外貨と違って、金の価値は一定だからです。高級品として世界中で認知されているのも、金の値段が崩れない根拠になっているのです。そうは言っても、全く変わらないわけではないので、手放す際には、ネットなどで金相場を把握しておくのが無難です。少し前の話ですが、タンスの奥に仕舞い込んでいた金製品を買取に出しました。それまでそういうお店とは縁がなかったため、買取してもらうお店をすぐには決められず、WEB上で情報収集することにしました。そしたら、東京都台東区の御徒町という地域に、貴金属買取の専門店が所狭しと並んでいる一帯があるということなので、その中でホームページがちゃんとしていた店舗を選びました。店員さんの対応も丁寧だったし、思った以上の値段が付いたので満足しています。デザインが古いとか、年齢が合わなくなったとかで、もう使わない貴金属のネックレスや指輪などを持て余している人は案外多いようです。そこで役立つのが金買取ショップです。ここ十年くらいで、そうしたお店は一気に増えてきたので、相場の動きや、その店での買取額がいくらになるのかを見て、どこが一番高値を付けてくれるか比較検討するのが賢いやり方です。また、手数料の有無などでも大きな差が出るので、よく調べて、有利な店を探してください。金の買取を利用する際には、買取価格が最も気になるところです。しかし金の値段は常に決まっているわけではありません。金の国際価格やドル円レートは日々変わっているので、同じ量の金でも日によって価格が変わってくるのです。なので、手元の金を少しでも高い値段で買取に出したいのであれば、常に情報収集を怠らず、刻一刻と変わる相場の情報を押さえることで、得できる可能性は高まります。


Copyright (C) 2014 金プラチナの買取り All Rights Reserved.
top