リーマンショックやギリシャの経済危機に伴って

金プラチナの買取り

金プラチナの買取り

TOP PAGE >リーマンショックやギリシャの経済危機に伴って

□リーマンショックやギリシャの経済危機に伴って

リーマンショックやギリシャの経済危機に伴って高騰している金相場。今は1グラム5000円ほどです。これはあくまで純金の価格ですから、一例として、18金(純度75%)ならば、5000円×75%なので3500円くらいでしょうか。それなりの額、例えば200万円に達するには、必要な量は600グラムほどです。指輪なら数十個、昔流行った喜平ネックレスでも5本以上は必要でしょう。また、さらに安価な10金のアクセサリーの場合ですと、24分の10は約41%ですから、純金が5000円なら10金は2000円程度です。買取額が200万円を超えるためには1キロほども必要です。ちょっと現実的ではないですね。金の買取を利用する上で、気にすることは、悪質な店に騙されないよう、お店選びに慎重になることです。買取額の高さなど、表面的な部分だけではなく、その店が本当に信用できるのかどうかを入念に考えないといけません。ちょっとでも悪評判が付いている店はどんなに広告の文句が良くても、利用してはいけません。素人は買取金額が高いお店に飛びつきがちですが、見た目の買取額だけ釣り上げ、手数料やその他の名目でお金を取る場合もあるので、電話で問い合わせるなどしてよく調べてください。もう使っていない金製品などを専門店で買取してもらうにも、事前に考えておかねばならない点があるのです。同量の金を買取に出す場合でも、店舗ごとの基準によって、買取額や手数料などの諸条件がそれぞれ異なっていることです。ですから、店舗ごとの買取価格やその他の条件をネットで調べて、お店選びを色々な情報を総動員して判断しましょう。金の価値が上がっている昨今、多くの店舗や業者が、金やプラチナといった高級貴金属の買取を行っているようです。評判がいいのは、リサイクル・ショップでしょう。一般的には、着なくなった服などを売りに行く所ですが、サービスを拡大し、金などの買取を扱うようになる事例が現在では多くなっています。専門知識を持った買取スタッフも常駐しているので安心です。金製品を売りたいという方は、質屋や金買取専門店と比較検討してみましょう。手持ちの金製品を買取に出すとしても、たくさんあるお店の中でどこを選ぶかで、迷うというのはよく聞く話です。いくらかでも高い金額にしてくれる店がいいというのは、利用客としては当たり前の話です。初めての方が注目するべきは、ネットで見られる、お客さんからのレビューや口コミです。ここで評価が高い店であれば、ちゃんとした買取をしてお客さんを満足させていると言えます。初めて利用する際にはそういうお店を選ぶといいですよ。長いこと自宅に眠っている金製のネックレスがいくらで売れるか気になる人は、刻印を見てみるのがいいと思います。それが本当に金製であれば、日本製なら「K24」、外国製は「24K」などの刻印が押されています。数値が大きいほど、純度の高い金です。金の純度は伝統的に24分率で表されており、K24なら純金という印です。金やプラチナ、シルバーなどでは、全て純度により専門店に売却する際の価格も全く違ったものになります。金の取引は昔から犯罪と切っても切り離せない仲であり、時には精巧に作られた贋物を金と偽って店に持ち込む輩もいます。メッキの一部に本物の金を厚く盛り、巧妙に刻印を施すなどの方法で、買取店のスタッフを欺き、買取代金を騙し取ろうとする悪意のケースもあります。ですが、比重計という、品物の重さを測定して比重を割り出す器具を使えば、それが金かどうか、純度は何%かなどが容易に判別できます。中には、金と同じ比重になるように精巧に作られた偽物もありますが、試金石検査という由緒正しい鑑定方法ならば、硝酸や王水に融けるかどうかも検査することができ、贋物はすぐに判別できます。「試金石」という言葉の用法の基にもなっているやり方ですね。金の相場が上がっている近頃は、金やプラチナの高価買取の店舗が急激に増えているようで、よく広告を目にしますね。WEB上でも、自分の地域プラス「金買取」などで検索したら、高価買取を謳う宣伝のページがたくさんヒットします。もう使わない宝飾品が少しでもお金になるのなら、別にどこの店を選んでも大差ないと思う人もいるでしょうが、金などの買取価格は相場と連動して毎日変わっているので、相場の変動を確認しておき、高くなった時に売るのが賢いといえます。


Copyright (C) 2014 金プラチナの買取り All Rights Reserved.
top